感染性胃腸炎(ノロウイルスなど)の感染予防について

現在、感染性胃腸炎(ノロウイルスなど)が流行しております。
二次感染を防ぐためは、次にあげる対応策が有効です。

◆手洗いは、二次感染防止の基本

・外から帰った時、食事前、調理前、トイレの後など。
・下痢や嘔吐などの症状のある人がいる場合は、より丁寧に!
・特に、下痢などの患者の汚物処置やオムツ交換を行った後は、念入りに手を洗いましょう。

《手洗いの手順と注意》

1.できればポンプ式石けんを使い、指先や指の間、親指の周り、手首とその上の方まで、念入りに十分泡立てて洗いましょう。
2.その後、流水でよく洗い流し、ペーパータオルでよく拭き取りましょう。タオルを使用する場合は、清潔なものを使用し、共用は避けてください。
3.手洗い後、再汚染しないよう、ペーパータオルなどを使用して、水道の蛇口を締めましょう。
4.特に排便後の手洗いは、ペーパータオルなどを使い、ドアノブや蛇口などに直接触れないようにしましょう。

◆手で触る場所の消毒で、二次感染防止を

・トイレの水洗レバー、水道の蛇口、ドアノブなどを、0.02%次亜塩素酸ナトリウムで拭いて消毒しましょう。
(消毒薬の扱いには十分注意してください。また消毒箇所は30分程度おいてから水拭きしてください)
★アルコール消毒は、ノロウイルスには効果が期待できません。

◆便や吐物などの迅速・確実な処理は、感染拡大防止の基本

・まず、汚染場所から人を遠ざけましょう。
・処理する人は、使い捨て手袋、マスク、エプロンを着用しましょう。

《排泄物や嘔吐物の処理の手順と注意》

1.嘔吐物などは、使い捨ての布やペーパータオルなどで、外側から内側に向けて、拭き取り面を包み込むように静かにぬぐい取りましょう。
2.使用した布やペーパータオルなどは、すぐにビニール袋に処分し、0.1%次亜塩素酸ナトリウムをしみこむ程度に入れ、しっかりビニール袋の口を閉じましょう。
3.処理後の床は、吐物の付着していた場所を中心に広い範囲を、0.02%次亜塩素酸ナトリウムをしみこませた布やペーパータオルで覆うか、浸すように拭いて消毒しましょう。
(消毒薬の扱いには十分注意してください。また消毒箇所は30分程度おいてから水拭きしてください)
4.処理後は手洗いを十分にしましょう。
5.使用した布やペーパータオル、手袋、マスクなどは同じように処分してください。
6.空中にウイルスが浮遊している可能性があります。喚起を十分にしてください。

※消毒液の作り方
・0.02%次亜塩素酸ナトリウム:1Lのペットボトルに水を入れ、台所用塩素系漂白剤(5%)をキャップ1杯(5mL)加える。
・0.1%次亜塩素酸ナトリウム:500mLのペットボトルに水を入れ、台所用塩素系漂白剤(5%)をキャップ2杯(10mL)加える。